菅野よう子楽曲演奏団体 Thanks! Kな日々

2018年1月13日(土)練馬文化センターこぶしホールにて、第5回演奏会を行います!

7/18(日)セッション大会 第一部

第一部レポ担当のゆんです!

とってもいい天気のなか、野方からてくてく線路沿いに歩いてすぐの野方ノアにて、

第一回大セッション大会が行われました!

休日にもかかわらず朝の10時から、第一部・コーラスセッション(リーダー・もっさん)開始です。

なんと総勢24人!!!

各パートに偏りも少なく、とても歌いやすいコーラスになりました。

それではまず、本日の合唱指導・しましま先生ピアノ生演奏による

ラジオ体操~・第一~!

寝ている身体を起こして喉を開けるためにも、身体を軽く動かすのは大切らしいですよ。

まあ難しいことを抜きにしても、小学生以来(?)のラジオ体操でしたが、楽しく体操!

音楽があると体が勝手に動きますねー。

身体も温まってきたところで、さあ!楽しい音楽のお時間です。

一番最初は、COWBOY BEBOPより、Green Bird。

用意していただいた楽譜をもとにパートごとに音をとり、

メンバー同士で歌詞の発音を確認したり、節回しを確認したり。

一発ですでに結構きれいに聞こえてます!!!

我らがしましま先生からのアドバイスや、コーラス隊にもお互い聴きあう余裕が出てきて、

最後にはとってもきれいなコーラスになりました。

 二曲目は、エスカフローネより、soraを歌います。

優しいハミングからはじまる、すきとおった女性コーラスが印象的な曲ですよね。

24人のハミングから始まり、盛り上がりの部分、ラララのフレーズは圧巻!!!!!

スタジオのなかにぶわーっと音が広がる感じがとっても素敵でした。

 三曲目はa sai en。

マクロスプラスの、ブルガリアンボイスという独特な歌唱法が印象的な曲です。

これは……さっきまでのハーモニーが気持ちよかった曲から一転、

音がぶつかる……!むむむ、難しい……!!

しかしみなさん、喉をわざとひっかけるような独特の歌い回し、

節のトメへの嗅覚がさすがとしか言いようがない感じ。

さすがファン集団、予習でしっかりききこんであります(笑)

指揮のもっさん、お疲れさまでした!

 最後は第三部への仕込みを兼ねた、奇跡の海

坂本真綾さんによる、ロードス島戦記のOPテーマ曲でした。

これもまたブルガリアンボイスを多用したコーラスが印象的な曲ですよね。

発音の解読やパートわけをしていただいてある状態から、各パート音とりをします。

さて、通しましょうかとなった時。

スタジオ横のサブルームから、第三部・奇跡の海演奏参加者の皆様が見えました。

……一緒にやっちゃいませんか?

……やっちゃいましょうか!!!

ということでパーカス・ベース・ギターも一緒にコーラス+メインボーカルでレッツ☆セッション!

何がすごいって、スケールがすごかった……!

最後にギターが締めた後には、自然に拍手が起きました。

ほんの二時間ではありましたが、広いジャンルからいろんなテイストの曲をやれて、

お得感満載!終始なごやかな雰囲気の中で、すがすがしいセッション第一部でした。

(文・ゆん)