菅野よう子楽曲演奏団体 Thanks! Kな日々

2018年1月13日(土)練馬文化センターこぶしホールにて、第5回演奏会を行います!

7/18(日) セッション大会 第三部

こんにちは。第三部のブログ担当のみよっです。

さて、朝10時(僕は9時前からいたのですが・・・)から始まったこの長丁場もいよいよ最終の第三部!

バンドセッション大会です!

第一部、第二部と比べると、さすがに雰囲気が一気に賑やかになりますね。

今回演奏した楽曲は以下のとおりです!

1.プラチナ(坂本真綾

2.光あれ(坂本真綾

3.The Real Folk Blues(山根麻衣:Cowboy Bebopエンディングテーマ)

4.奇跡の海坂本真綾ロードス島戦記

5.星間飛行ランカ・リー:マクロスF

6.ライオン(シェリル・ノームランカ・リーマクロスF

7.Want it All back(山根麻衣:Cowboy Bebop

8.創聖のアクエリオンAKINO創聖のアクエリオン

おそらく、これらの楽曲はコピーバンドでもよく演奏されているでしょう。

しかしっ!

そんじょそこらのコピーバンドとはワケが違う!

だって、ギター、ベース、ドラム、キーボードの他に、

ホーンセクション、そしてヴァイオリン陣がいたのですよ!

こんな構成で演奏できるのは、K-Thanks(仮)の特権でしょう!

中でも、個人的にハイライトだと思ったのは、

第一部のコーラス隊リハで演奏された「奇跡の海」です。

この再現度がハンパなくすごかった!

第一部では、重厚なコーラス隊が4パート、計16人。

シンセサイザーに電子パーカッションという構成だったのですが、

第三部ではこれにヴァイオリン隊のカルテット編成が加わり、

まさに奇跡の海が再現されたのです!

僕は電子パーカッションをポコポコ叩きながらではありましたが、

正直鳥肌が立ちました・・・。

こんなに気持ちのいい演奏は何年ぶりでしょうか・・・。

奇跡の海って、アマチュアがチャレンジするような楽曲ではない、と

個人的に思っていたのですが、

そんなチャレンジをK-Thanks(仮)はやってのける!

そこがしびれるぅ!あこがれるぅ!(∵)Ψ

また、野方ノアという、36畳というものすごく広いスタジオの雰囲気も最高でしたね!

さて、この日は朝10時から結局夜の21時45分という長丁場のスタジオでした。

第一部は、女性コーラス隊による美しいハーモニーを堪能し、

第二部は、荘厳な雰囲気の中、重厚かつ繊細な管弦楽の音色を堪能し、

第三部は、ロックあり、管弦あり、エレキあり、コーラスありのクロスオーバー的なセッションを体験でき、

たった一日でいろんな音楽を体験させて頂きました。

30年生きた中で、こんな体験は人生初です(笑)

今はまだ発展途上なサークルではありますが、

この日は、果てしない可能性を感じました。

初めての大規模なセッションにもかかわらず、これだけ感動を覚えたのだから、

回を重ねて、各々が演奏の精度を上げていったら、

この楽団はどーなっちゃうんでしょうか???

かなり大げさですが、宇宙規模の可能性を垣間見えた気がします。

参加いただいた方は総勢49名!

皆さん、本当にありがとうございました!