読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菅野よう子楽曲演奏団体 Thanks! Kな日々

2017年1月28日(土)北とぴあ さくらホールにて、第4回演奏会を行います!

【Kオケ】8月定例練習レポート〜

暑い暑いと思っていたら、なんだか急に涼しくなりましたね。

演奏会まで後2ヶ月ちょっとということで、

練習が密に予定されているので、体調を崩さないように気をつけねば、と思います。

というわけで、8月もみっちり練習いたしました!

8月は10日と24日に練習をしましたが、まずは10日の練習レポートを

Tpの加藤さんが書いてくれましたよ!

10日は台風も近づいていましたが、大荒れでもなかったので練習しました!

それではどうぞ〜

-------------

 こんにちは。今回ブログ担当のTP加藤です。

 これは本名かというと、どうでしょうかね。よくありがちな名前なので、ペンネームにふさわしい名前かもしれません。

 今日は台風が来ていました。梅雨ほどは雨が降らないですが、今年の夏は、雨が振りますね。雨の日はゆううつ。と言われるものですが、私は結構好きです。大雨が降る前の、土のような匂い、あるいは、車窓に少しくっついている水滴、静寂の中の雨が地面に落ちてなる音。雷がなる時の胸の高まり。雨はさまざまな顔色を見せてくれます。

140810_Korche.jpg

閑話休題

 8/10の練習日、台風だったので、参加はそれぞれの判断、というところでしたが、わりと思ったより参加者は多かったです。トランペットパートの参加は私だけでしたが。参加できて良かったです。次回の演奏会に乗るトラさんも何名か参加して頂きました。

 私はオーケストラはKオケが初めてで、弦楽器ってこんな音がするのか。と、なかなか毎回新鮮な感覚で聞いています。ギターのようにフレットがないので、抑えるのが、大変だろうな。と聞いてて思います。きっと、トランペットよりも音程をとるの大変でしょうね。私はコントラバスと一緒に合奏したことがなく、この楽器の低音は倍音が響いて美しいです。また、ファゴットとも合奏したことがなく、チューバやバスクラリネットとはまた違う良さがありますね。聞きなれぬ音に、うっとりしてしまいます。

 ギターパートの方が参加していました。一部曲にアコースティックギターが入ります。うちのオーケストラはハープはシンセサイザーなので、唯一の撥弦楽器(弦を弾いて音を出す楽器のことです。)で、しかもクラシックギターでなはく、弾き語りなどをするほうのアコースティックギターなので、オーケストラ+アコースティックギターで聞ける珍しい機会です。ぜひ、演奏会に聞きにいらしてください。

 次回のの演奏会は2014/11/3(祝)杉並公会堂です。

 詳細はこちらです。

 演奏会本番の11月まで3ヶ月ほど。8月も前半に差し掛かっています。年とともに時の過ぎる早さは変わるといいますが、それを実感しつつあります。私自身はまだまだ、若いと思っていますけれども。この季節になると、蝉が鳴く声が、永遠と、永遠と続くような8月の暑い中、ずっとロングトーンなどの基礎練、合奏ををして練習していたのを思い出します。みなさまは、どうでしょうか。会社勤めの方も夏休みを使って、練習して上達して次の練習日を迎えたいですね。

 それではごきげんよう。演奏会でお会いましょう。 TP加藤

——————

なんだか、周りの皆の音に耳を傾けている様子が凄く伝わってきますね。

オケはいろんな楽器で成り立っています。

僕は楽器ができないので、よくわからない部分が多いのですが、

それぞれに難しいところがあるのだろうなぁと思います。

でも、全ての楽器の音に意味があって、

全部が混ざり合って、一つの曲になるのは、

本当に、心地よいというか、心に何かしらの衝撃を受ける感じがします。

そして、加藤さんもおっしゃる通り、Kオケにはギターも参加しています。

何の曲、とはまだ言えないのですが、

ギターが本当にかっこいい!と個人的に思っている曲がありまして、

その曲の練習をする度に、ギターが鳴ると部屋の隅っこで静かに盛り上がっています。

何の曲か、是非是非演奏会でお聞きになってください。

本当にかっこいいのですよ〜

さて、演奏会まで後二ヶ月と少し、

そろそろ皆スパートをかけてきました!

合唱については団員募集中です。まだまだ間に合いますので、

ご興味ある方はぜひぜひ見学にお越し下さい!

次回の練習は少し先になりますが、9月28日(日)を予定しております。

チケット予約:http://ticket.thanks-k.com

WEB:http://thanks-k.com

Mail: thanksk.orch@gmail.com

Facebook: 菅野よう子楽曲演奏団体/Thanks K Orchestra

twitter: @K_thanks  ←ブログ左上からもフォロー出来ます